戻る
 第20回 日本冶金社友会 定時総会開催

○日時;平成26年6月5日(木) 12時00分~14時00分
○場所;「ラグナヴェールTOKYO」

    
    

 会場は、昨年に続き日本冶金本社より徒歩2分、京橋駅・東京駅・宝町駅からも徒歩数分
の交通至便で、ビル最上階にあり景観にも優れた「ラグナヴェールTOKYO」としました。
開催時間も昨年同様昼間としました。当日は、梅雨入りを思わせる雲がかかっておりましたが、
午前11時半過ぎには、懐かしい方々との再会を楽しみにしたたくさんの会員の方が集まられ
最終的には、会員71名、日本冶金工業㈱ご来賓6名 計77名の方々が参加されました。

 定刻12時00分に小原理事の司会により総会が開会されました。根本会長からは「アベノミクス
効果」により日本経済は再生回復に向かってなか、日本冶金もしっかり黒字化をはたされた事は
とても嬉しい限りです。また高機能財の拡販に向け全社一丸となって邁進されているとのこと、
我々もNASステンレス鋼がますます世界的に信用を得て拡販されるよう応援してゆきたい。益々の
ご発展と会員皆様のご多幸をお祈りします」との挨拶があり、その後物故会員13名の方々への
黙祷が捧げられました。

 続いてご来賓を代表して木村社長より「昨年度は、黒字決算を達成することが出来、営業利益
ベースで前年比72億の改善をみることが出来た。今年度はインドネシアの鉱石輸出禁止という
厳しい状況下ではあるが、全世界市場を展望しながらますます高機能材の拡販に注力して行く」
との力強いお言葉がありました。

 次に新会員6名の氏名紹介、25年度の事業報告として、行事報告・会計報告・会計監査報告
を、続いて26年度の事業計画(行事計画・予算案)をスクリーンに映しながら説明と議事が進み
、審議事項は異議なく承認され総会を終了いたしました。


 引き続き懇親会が開かれ、喜寿を迎えられた小市廣明さんから乾杯のご発声をいただき歓談の
時となりました。
 今年の演芸タイムには、なんと91歳を迎えられますますお元気な中村秀之助さんが、素晴らしい
『マジック』をご披露してくれました。“花咲くステッキ” “不思議な鏡” “空飛ぶテーブル” 
そして最後は、女性会員の鈴木さんをアシスタントに迎えて、ちょっぴりお色気もあるマジック4種で
会場を大いに沸かせていただきました。
 中村さんは、OB会美術展にも毎回油絵を出展され、また海外旅行にも毎年行かれて、とても卒寿を
越えているようには見えません。ますますお元気!!です。
 その後、懇親会も賑やかに歓談が進み、午後2時となって司会の小原理事より閉会が告げられ、皆
さん次回の再会を約束されながら笑顔で帰路につかれました。