戻る
       大江山便り-5

     

 今年の総会も全員欠席になりそうで相済みません。
又、HPで楽しみます。

 大江山地区の社友会会員は現在7名、内、お酒大好き人間(5名)を中心に、
毎月、日本酒を味わう会を開催しています。
 3月例会例会は昨年からメンバーになった酒造会社の社長兼杜氏である谷口氏
の酒蔵で開催しました。同社は大江山に在籍された方はご記憶にあるかと思いま
すが「芝の井」の蔵元です。数名の従業員で拘った原材料で、量より質を目指し
いわゆる「手作りの日本酒」を提供している会社です。
 今年は丹後の農業試験場で生まれた酒造好適米「祝」を、100%使ったお酒や醪
を試飲(?)させて頂き、タンクから数mの至近距離で社長ご夫妻のご好意で自家製
の酒粕を使った鍋を肴に、足りなくなったらタンクに汲みに向かうと云う得難いスタイ
ルでの至福のひと時を過ごしてきました。
 全員、飲み、食べ、喋るに熱中し、スナップは有りますが、集合写真を撮り忘れまて
しまいました。そこで、集合写真は昨年(H23年)の分を添付しました。
 <参加者>敬称略
□社友会会員
 宮本光雄・薹谷 斌・志田忠男・篠崎 隆・松田健男(記)
□お友達
 奥村克美・谷口 暢
□将来の社友会会員
 佐野 博
        

   


タンクから数mの至近距離で酒粕を使った鍋を肴に、数歩歩けばお酒はいくらでも・・・

 

     平成23年2月の会合メンバー