戻る
        
 「弥勒会」の紹介
 

 
昭和36年度(1961年度)学卒入社した社員の同窓会を「弥勒会」と称しております。
最初は三六会と名乗っていましたが、三六をミロクと読み、弥勒菩薩の弥勒を取って
漢字で「弥勒会」と名づけました。
 68名が入社し、日本冶金鰍ニ関連会社にそれぞれ半々位ずつ配属されました。当初は
年一回忘年会(又は新年会)が開催され毎回40数名の会員が参加し賑やかでしたが、
関連会社に行かれた方々の出席者が年々減少し、連絡できる現在の会員は24名(うち
在京者は21名)です。
 弥勒会が結成されてから亡くなられた方は2名を記憶するだけで、健康な方々が多い
のを誇りに思っております。
 現役時代から、在京会員を中心に毎年懇親会とゴルフコンペを開催してきました。ゴルフ
は多い時は4組でプレーできましたが、今は他年度入社の方々にお願いして2組確保が
やっとです。今は、年2回の懇親会(暑気払いと忘年会)、春と秋の2回親睦ゴルフコンペ
を続けております。懇親会には多い時は14から15名が参加しますが、大体11名前後
です。
 本年7月に行われた親睦会の集合写真がないので、昨年12月の忘年会の集合写真
を掲載しました。
 今年度(21年)は12月11日にゴルフを、年末に忘年会を予定しております。
会員の活動をHPに掲載する参考のため弥勒会を紹介しました。弥勒会員、社友会会員
のご健勝をお祈り申し上げます。