戻る
 日本冶金工業金沢OB会親睦旅行(2015年)

 

 ○日 程 ;平成27年7月17日(水)~7月18日(木)

 ○会 場 ;石川県片山津温泉 加賀観光ホテル

 

連日の蒸し暑い日が続く今日この頃、OB会の皆様にはお変わりなくお過ごし
のことと拝察いたします。

金沢は、親睦会当日はまだ梅雨入り宣言をしていなく、農作物にとっては雨
がほしいが思うようにはいかず晴天の日が続いていました。

3月に北陸新幹線が開業して以来新しくなった金沢駅に行くことがなかったの
で出発時間より早めに行きました。 構内をぶらつくと、新聞、テレビで報道
されているように、とにかく人が多い、観光客、地元の人、また、外国人が目につ
くようになりました。 また、新しく「あんと」の名前でオープンした多くのお土産
屋さんは大都会並みの賑いを見せていました。

今回の温泉行きの参加者は男性18名、女性4名の総数22名です。

出発時間が近づくにつれ懐かしい顔が集まってきます。 出発前に今年もトラブル
がありました。 
2名の人が時間になっても現われず、金沢駅構内で迷子になって
いるのか? 幹事数名で捜しに行くが見つからず、
1名は何とか電話で連絡がつき
途中乗車になり、もう
1名は電話連絡もつかず出発時間30分を過ぎても現われず、
マイクロバスを発車させようと相談していた時にやっと現われた。

会員が高齢化していくことで、いろいろなトラブルが想定されます。

出発時間が遅れたので北陸自動車を利用して片山津温泉に向かうことにしました。
マイクロバスが出発するやすぐ缶ビールが配られ宴会場と化す、隣の席の人と近況
を話し合うなど車中はやかましくなってくる。

最近の片山津温泉は以前の賑いはなく、閉鎖されている旅館、ホテルが目立ち石
川県人にとっては温泉業界の衰退が気になります。

 ホテル到着後各自指定された部屋へ、お茶を飲み、多少の休憩後さっそく風呂へ、
風呂はいろいろな種類の浴槽が多くあり、全部入りきれなくて残念。

宴会は午後6時より名越副会長の司会で始まりました。 西井会長の「年をとると、
外へ出るのが億劫になる。積極的に外出していろいろな行事に参加してください」と
の挨拶、田中幹事の乾杯と続き、アルコールがまわり始めるとカラオケで名調子を
披露する人、また、近況を話し合う人、金沢工場時代を懐かしんで話す人など、盛
況の内に宴会は終了しました。

今度の金沢OB会総会が1018日(日)に開催しますので、またその時には再会し
ましょうと約束して各自帰宅に着きました。